【ドキュメンタリ】第3話~壁の崩壊~

こんにちは、seasonです。

ドキュメンタリの続きです。

大学は、神戸にある流通科学大学。

今はなき情報学部の経営情報学科に在籍していました。

PCを触る授業が好きで、

PCの授業を受けてからは、授業の休み時間は

ブラインドタッチソフトで

3ヶ月位ひたすら練習し、1分間に300字スピードで
入力できるようになりました。

PCには夢中になるも、サークルなどには入らず、

また語学クラスにいた女の子計4人とも、

表面的に接する程度。

典型的な根暗タイプ?だったのかもしれません^^;

その当時は人間関係の築き方すら分からなかったのもありますが、

その後はバイトをしだしてから少しずつ変わることになります。

1年のころは土曜日も必須の語学の授業があり、

バイトは前期は日曜日だけ出てて、夏休み集中型で働ける

淡路花博でのジュース販売をすることにしました。

そこにいたバイトメンバーは、大半が

「元ヤンキーでは?」と思うようなタイプ!

仕事が始まる前は、みんな輪になってしゃがんで

タバコをスパスパ吸ってるし、派手な性格だし、

こんなところでやっていけるんだろうか?

気絶しそうでした……^^;

とりあえず、「仕事を頑張ることだけ考えよう!」

そう割り切って、最初のころは仕事のことだけ

を考えていました。

そんな、ある夏休みのころにバイトメンバーから

「●●の家で飲み会するから、来てね!
そのまま泊まったらいいから」

と誘われます。

うまく乗り切れるだろうか。

でも、仕事の付き合いだから仕方ないかと

行くことに~

今までお酒とか、大学の新歓コンパでしか

飲んだことがなく、その時はチューハイ3缶飲んだら

二日酔いで気分が悪くなったことがありました。

今思うと、お酒の免疫ができてなかったからかも知れません。

今回の飲み会では、チューハイを抑え目に

日本酒やウィスキー、ワインをメインで飲むことにしました。

日本酒やウィスキー、ワインがどんなものか知らなかったからです^^;

何か濃いお酒だなぁ~と思いながら飲んでいました。

そしたら、今度は気づいたら頭がカナリ回りだし、

何故かテンションもカナリ高くなっていました。

「自分回ってるでしょ?ちゃんとまっすぐ歩ける?」

そんなことを言われ

「歩けますよ!」

と歩いて見せたりしましたが、何かギリギリ歩けてる

ような感じで頭がクラクラ…

その後は、部屋が暑くて外に出て寝転んでしまったり、

朝方は寝言を言ったらしく、バイトメンバーから爆笑されたり(恥)

「朝寝言言ってたで~!…はっはっはっ」

何か化けの皮が剥がれたというのか、

そんな言葉を聞いて、もう自分はマジメっ子ではないのかも?

いや、今までマジメな振りをしてただけかも?

まさに今まで無意識に作られていた見えない壁が崩壊した瞬間!!

それ以降は今まで遊んだことがない遊びも楽しんで

受け入れるようになり、人気関係の築き方で悩むことは

かなり減りました~^^

その当時人間関係の築き方が分からなかったのは、

勉強だったら勉強だけしか頭になく

ワンパターンな生活をしていて、新しい刺激が

入ってこず、話題性がなかったんだと思います。

おそらく、何か新しこともして脳を活性化させ、

自分の中の情報量も増やすことが大事なんだ~

と、ヤンキーぽい集団の中にいての意外な発見でした…

トラックバック

このブログ記事に対するトラックバックURL:

コメント & トラックバック

コメントはまだありません。

コメントする

2022年6月
« 8月    
 12345
6789101112
13141516171819
20212223242526
27282930