キーワード選定シミュレーション

おはようございます。seasonです。

今日は、ユーザがどんなキーワードで検索しやすいものか、

相手の立場に立って考えれるようになるためにも

実際にシミュレーションをしてみましょう。

次の手順で実施します。

1.今自分が買いたいものを思い浮かべてください。
2.実際に買いたいものが見つかるまで、Googleで検索し続けてください。
この時、必ず次の項目を控えておいてください。
・検索回数
・その都度検索したキーワード
・そのキーワードでの検索前の心理状況

3.自分が今すぐにでも買いたいと思った商品が見つかったときの
キーワードと検索回数を答えてください。

頑張って手を動かして実践してみてくださいね。

そのほうがキーワード選定の練習になります。

あなたがほしがっているものほど、相手の心が
理解しやすいと思います。

じゃ、今回は私の例で実践します。

今私がほしいものは「ショートブーツ」です。

私はショートブーツはネットで買うことが多いです♪

じゃ、行きま~す!

■1回目
・キーワード:「ショートブーツ 24cm」
・検索前の心理状況:何が出てくるかわからないので、とりあえず、24cmのショートブーツが出てきてほしいと思った。

■2回目
・キーワード:「ショートブーツ 24cm 黒」
・検索前の心理状況:1回目で茶色のブーツが出てきたので、黒がほしいと思った

■3回目
・キーワード:「ショートブーツ 24cm 黒 ローヒール」
・検索前の心理状況:2回目でヒールの高いブーツが出てきて、自分はローヒールがいい思ってキーワードを追加した(ヒールがあると靴ずれしやすいもので…^^;)

■4回目
・キーワード:「ショートブーツ 黒 ローヒール」
・検索前の心理状況:サイズは大体選べるサイトが多いので、はずして検索してみた

⇒発見!
なかなかほしいブーツが見つからず、検索結果の2ページ目も物色。

「【楽天市場】ヒールで選ぶ > ローヒール(0-3cm) > ブーツ:アミアミ(婦人」

というタイトルのサイトを見つけアクセスする。

楽天のサイトにたどり着き、楽天内のページから発見!
これなら買いたいと思うショートブーツに出会いました♪

コチラです!

⇒ http://bit.ly/WJNbpG

と、4回目で見つかりましたね!

最初の1回目というと、何が出てくるかわからない状態で

検索している場合が多いと思うので、購買に結び付きにくいように思います。

何度か検索キーワードを、追加・変更するなどして探すケースが殆どです。

これがユーザの検索するときの心理状況だと考えておくほうが

いいかと思います。

では、私は目的のショートブーツを見つけるまでに

どのような検索キーワードを使ったでしょうか?

1回目「ショートブーツ 24cm」
2回目「ショートブーツ 24cm 黒」
3回目「ショートブーツ 24cm 黒 ローヒール」
4回目「ショートブーツ 黒 ローヒール」

というように、「ショートブーツ」の組み合わせに

「24cm」「黒」「ローヒール」

などのキーワードを組み合わせて検索しています。

さすがに

3回目「ショートブーツ 24cm 黒 ローヒール」

は絞りすぎなので、4語でこのとおり検索される人は

かなり少ないと思います。

ならどうするか、ですが、ショートブーツを

売る場合のキーワードの候補としては

「ショートブーツ 24cm」
「ショートブーツ 黒」
「ショートブーツ ローヒール」

など、2語での複合キーワードが候補に
になりやすいかと思います。

ただ、

「ショートブーツ 24cm」

のように、私が1回目で使用したキーワードは

購買には結び付きにくいかもしれません。

24cmのショートブーツだったら何でもいい人でない限り

NGだからです。

でも、実際は、デザイン、色、生地、その他、

いろんな部分を考慮して商品を選ぶ人がほとんどだと

思います。

このような形で、実際がほしいものを

ほしい商品が見つかるまでの検索プロセスを

記録して、そこからキーワード戦略を考えられるのが

いいと思います!

次は検索プロセスの行動心理について

もう少し説明します。

トラックバック

このブログ記事に対するトラックバックURL:

コメント & トラックバック

コメントはまだありません。

コメントする

2022年8月
« 8月    
1234567
891011121314
15161718192021
22232425262728
293031