陽動行為に合っても動じない気持ちが大事です!

おはようございます。seasonです。

今日も「陽動行為」の続きをお話しします。

巷では陽動行為にあいにくくするため

「バックリンクをつけるときは少しずつつけなさい」

といわれていることが多いです。

「1日3~5箇所ずつつけるほうがいい」とか

人それぞれ、少しずつ数の定義は違いますが、

少しずつつけるようにと、よくいわれます。

SEO対策は、「自然な形で不自然さを演出すること」

が大事なので、ごもっともな話だと思います。

これは私の実体験談ですが、

私は自作のツールでバックリンクをつけています。

SEOアフィリしだしたころは、

1日数か所ずつバックリンクを

つけるというところまで頭が回らず、

一気に100以上つけていたこともありました。

勿論一気にたくさんバックリンクをつけると

陽動行為の影響か、なかなかサーチエンジンにすら

認識されない状況が1,2カ月続きました。

それでもめげずに作業を継続し続けると

1,2カ月後にはサーチエンジンに認識されるようになり

購入率も増えるようになりました。

少しずつつけるのもいいですが、

一気につけても、一時的に順位が下がったり

インデックスが0になったりはするものの、

作業を継続すれば、インデックス(サーチエンジンに認識)

されたときに上位順位も狙いやすくなると思います。

ただ、バックリンク先の予備は予め用意しておくほうがいいです。

供給可能なバックリンクの30~50%ぐらい用意しておくほうが無難です。

1発目のバックリンク付けで、陽動行為にあったら、

残りのバックリンク先の半分を追加でつけます。

そしてまたしばらくおいて、残りのバックリンク先を

追加でつけると、自然と順位は回復するでしょう。

そうすることで、サーチエンジン側が推測していた

「自作自演のSEO対策」ではなかったと判断してもらえ、

上位表示が狙えるはずです。

サーチエンジンのコンセプトをしっかり把握すれば、

どのような状況であっても、適切な対応が

できるようになると思います。

・サーチエンジンは、人間の意図を推測します。
・サーチエンジンは自然現象を好み、人間の意図的な行動を嫌います。
・サーチエンジンは、ユーザの利便性の高いサイトを好みます。

以上のことを念頭に置いてSEO対策すれば、
これだけでもSEO対策において、優位に立てるはずです。

頑張っていきましょう!

次回もGoogleについての説明をします!

いよいよ私もSEO講座もクライマックスに近づいています☆

楽しみにしてくださいね♪

トラックバック

このブログ記事に対するトラックバックURL:

コメント & トラックバック

コメントはまだありません。

コメントする

2021年4月
« 8月    
 1234
567891011
12131415161718
19202122232425
2627282930