2013年 3月 6日

おはようございます。seasonです。

今日は、キーワード選定の練習の仕方の例を

紹介します。

前回、「石鹸」というキーワードを使った場合、

「石鹸 送料無料」

「石鹸 無添加」

「石鹸 通販」

などのキーワードを例として出しました。

でも、これだとライバルも多く、上位表示が難しいかもしれません。

じゃぁ、どうすればいいでしょう?

もう少しターゲットを絞り、その狭いターゲットの中で勝負する

手段を取ればいいでしょう。

たとえば、「石鹸」だったら

「ハンドソープ」とか「ボディソープ」とか

石鹸で普通に名前が通っている商品名であれば、

それを使うでもいいともいます。

これで少し対象が絞られてるんじゃないでしょうか。

別に「石鹸」というキーワードを使わずに、

「ハンドソープ」とかにしなさいと言ってるわけではありません。

石鹸を使っても、複合キーワードでライバルが少なくて、

キーワードのニーズのあるものなら

挑戦してみる価値は大いにあると思います。

じゃ、ライバルが少ないキーワードを選ぶために

SEOチェキのサイト

http://0.nu/abba

でライバルがどれぐらいいるかを探してみましょう。

まずは「石鹸 送料無料」でググってみます。

http://0.nu/fdgz

すると、10位に

http://0.nu/bifc

のサイトがヒットします。

SEOチェキで調べると、

サイトは「被リンク数:0」とでてきました。

「石鹸 送料無料」だと

10位、つまり何とか1ページ以内になら頑張れば

表示させられる可能性はあります。

相手の被リンク数が大体200以内であれば、戦える

可能性は高くなります。

とりあえず、そこで何らかのストアを作って

各手持ちのサイトにバックリンクをまきちらして、

上位表示を狙いましょう。

大体1~2カ月様子を見て、それでも

上位表示が難しい場合は、売れなかったキーワードで

作成したページを削除するほうがいいでしょう。

削除をすることで、売れるキーワードか

売れないキーワードか、キーワードの選定力が

体で身に付くようになります。

この続きは、次回にお話しします~♪

おはようございます。seasonです。

今日は、テキストマッチで大事な

キーワード選定についてお話しします。

「バックリンク+テキストマッチ」

この2つがきっちりできていれば

SEO対策の8割が出来たものと同然なので、とても大事です!

たとえば、「石鹸」を売りたい場合、

どのようなキーワードを選定すればいいでしょう?

私は、キーワード選定をする際は、

買いたい相手が、どのようなキーワードで検索してくるか

相手の立場に立って考え、選定することが大事だと考えています。

あなたなら、ネットで石鹸を買いたいとき、

どのようなキーワードで検索するでしょうか?

たとえば、「石鹸」というキーワードだけを選定しても、

石鹸を買いたい相手が検索してくるとは限りません。

石鹸の原材料を調べたい人かもしれません。

石鹸の作り方を調べたい人かもしれません。

石鹸の生産地を調べたい人かもしれません。

このように、「石鹸」だけではアバウトすぎて

何が目的なのかが読めないのです。

また、「石鹸」の一語だけでは、上位表示も難しいです。

そんなとき、どうするのがいいでしょう?

皆さんもきっと分かる通り、複合キーワードにすればいいのです。

つまり、複数のキーワードを組み合わせて検索するということです。

「石鹸」

だけで検索しても、ユーザは自分の知りたいサイトが見つからず

検索キーワードを追加して再検索する場合がほとんどです。

次に

「石鹸 送料無料」

「石鹸 無添加」

「石鹸 通販」

など、ユーザ自身の目的に見合ったサイトが表示されるよう、

ユーザは石鹸の後にキーワードを追加すると思います。

それでも目的のサイトに到達しなければ、キーワードを

追加なり変更なりしてくるでしょう。

実際のところ、

「石鹸 送料無料」

などは、ライバルも多くて上位表示も難しく、

もう少し噛み砕いたキーワード選定が必要かもしれません。

「でも、石鹸の中でももう少し噛み砕いたキーワード選定って何?」

そんな方のために、次は、私が実践してきた、

キーワード選定の練習の事例を紹介します♪

次は内容はさらに面白くなりますね!!

こんにちは、seasonです。

ドキュメンタリの続きです。

大学は、神戸にある流通科学大学。

今はなき情報学部の経営情報学科に在籍していました。

PCを触る授業が好きで、

PCの授業を受けてからは、授業の休み時間は

ブラインドタッチソフトで

3ヶ月位ひたすら練習し、1分間に300字スピードで
入力できるようになりました。

PCには夢中になるも、サークルなどには入らず、

また語学クラスにいた女の子計4人とも、

表面的に接する程度。

典型的な根暗タイプ?だったのかもしれません^^;

その当時は人間関係の築き方すら分からなかったのもありますが、

その後はバイトをしだしてから少しずつ変わることになります。

1年のころは土曜日も必須の語学の授業があり、

バイトは前期は日曜日だけ出てて、夏休み集中型で働ける

淡路花博でのジュース販売をすることにしました。

そこにいたバイトメンバーは、大半が

「元ヤンキーでは?」と思うようなタイプ!

仕事が始まる前は、みんな輪になってしゃがんで

タバコをスパスパ吸ってるし、派手な性格だし、

こんなところでやっていけるんだろうか?

気絶しそうでした……^^;

とりあえず、「仕事を頑張ることだけ考えよう!」

そう割り切って、最初のころは仕事のことだけ

を考えていました。

そんな、ある夏休みのころにバイトメンバーから

「●●の家で飲み会するから、来てね!
そのまま泊まったらいいから」

と誘われます。

うまく乗り切れるだろうか。

でも、仕事の付き合いだから仕方ないかと

行くことに~

今までお酒とか、大学の新歓コンパでしか

飲んだことがなく、その時はチューハイ3缶飲んだら

二日酔いで気分が悪くなったことがありました。

今思うと、お酒の免疫ができてなかったからかも知れません。

今回の飲み会では、チューハイを抑え目に

日本酒やウィスキー、ワインをメインで飲むことにしました。

日本酒やウィスキー、ワインがどんなものか知らなかったからです^^;

何か濃いお酒だなぁ~と思いながら飲んでいました。

そしたら、今度は気づいたら頭がカナリ回りだし、

何故かテンションもカナリ高くなっていました。

「自分回ってるでしょ?ちゃんとまっすぐ歩ける?」

そんなことを言われ

「歩けますよ!」

と歩いて見せたりしましたが、何かギリギリ歩けてる

ような感じで頭がクラクラ…

その後は、部屋が暑くて外に出て寝転んでしまったり、

朝方は寝言を言ったらしく、バイトメンバーから爆笑されたり(恥)

「朝寝言言ってたで~!…はっはっはっ」

何か化けの皮が剥がれたというのか、

そんな言葉を聞いて、もう自分はマジメっ子ではないのかも?

いや、今までマジメな振りをしてただけかも?

まさに今まで無意識に作られていた見えない壁が崩壊した瞬間!!

それ以降は今まで遊んだことがない遊びも楽しんで

受け入れるようになり、人気関係の築き方で悩むことは

かなり減りました~^^

その当時人間関係の築き方が分からなかったのは、

勉強だったら勉強だけしか頭になく

ワンパターンな生活をしていて、新しい刺激が

入ってこず、話題性がなかったんだと思います。

おそらく、何か新しこともして脳を活性化させ、

自分の中の情報量も増やすことが大事なんだ~

と、ヤンキーぽい集団の中にいての意外な発見でした…

こんにちは、seasonです。

前回のドキュメンタリの続きです。

私は子供のころは、はっきり言って、「イケテナイ子」でした^^;

まず、アーティストのCDとか

誰からも買ってもらったことがありませんし、

買えるようなお小遣いももらったこともないです。

初めてCDを買ったのは、20歳の時だった程です^^;

また、母が厳しくてTVもあまり見せてもらえませんでした。

なので、芸能人とかアーティストとか知らない人が多いです。

関根勤という芸能人を、23歳になって初めて知ったほどですw

それを友達に言ったら結構驚かれたのですが、

有名か無名かもわからないので、

「そうなの?」という反応しかできなかったほどです。

そんな状態で学校時代乗り切れていたのか?

って言われると、あまり乗り切れていなかったと思います…^^;

特に高校時代は、周りの女の子は、アーティストとかドラマとか

好きな子が多いので、全然話題についていけなかったです…

高校時代は陸上部の長距離に所属していましたが、

部活か勉強の話題しかできない人だったように思います。

同級生とはあいさつ程度の会話はできても、

深い友達を作ることができませんでした。

中学時代、母からはしょっちゅうこのようなことを言われていました。

「お母さんは子供のころTVとかない生活をしてたけども、

そのおかげで勉強では特に困らなかったよ!

お母さんの兄弟6人とも公立高校にいったし、

●●のおばちゃんは高校時代、公務員試験も受かって

同時に神戸大学にも現役で受かったんよ!

結局神戸大学に進学したけど。

お母さんの言うとおりにしとけば間違いない!」

中学時代周りの友達がドラマの話をしてきたりするので

自分も合わせて見ようとしたことがあります。

でも、あまりにもしつこく母に止められるし、

連続ドラマの途中でTVを消されると、見たい気持ちを

押さえつけられ、苦しくなります。

結局、受験で成功するには、周りの同級生が興味を持っていることに

最初から興味を持たないようにするしかないのだと考え、

周りと馬を合わせられないのも、受験の関門を突破するための

必須要件と、途中で受けいれました。

この結果、高校受験は何とかなりましたが、

大学受験では第一志望の受験に失敗しました。

高校3年になってからは予備校に入って勉強もしたんだけども、

成績が思うように伸びませんでした。

結果的に、まだ音楽を聴いたり、ドラマを見ている子のほうが

自分よりもいい大学に入っていたりするのです。

何でこうなったんだろう…。

特に夏に部活を引退してからは、勉強に関係のないことは

していないはずなのに…

その当時は原因がよくわかりませんでした。

多分1人で頑張ろうとしすぎていたことと、

成績が伸びなくなっている根本解決ができていないまま

分からない問題を、ただ先生に聞いて

その都度教えてもらっているだけだったのかもしれません。

きっと、勉強の仕方を家庭教師のように見てもらえる

人が必要だったんだと思います。

この大学受験に失敗したときが、今までの人生で最も

鬱っぽかったし、一番死にたいと思った時期でもありました。

まず、ほとんどの人と仲良くなれる力がないし、

今更芸能人の名前と顔を覚えるにしても5年分ぐらいの遅れがあるし

そんなことにこれから5年ぐらいの時間をつぎ込む意味があるのだろうか。

2000年版芸能人辞典 みたいな辞書が売ってたら買いたいけど…

勉強でも失敗してしまったし、自分に残るものが何もない…

母は、私が受験に失敗して凹んでいることなどよそに、

毎日のように説教してきます。

悩みの相談をしても、逆切れされて話になりません。

この時一番欲していたことは、こんなことでした。

「自分と同じような境地に立たされていた人で、立て直せた人がいたら、
どうやって立て直せたかのプロセスを知りたい」

だけど、どんな本を読めば、解決できるのかすらわかりません。

どうやって立て直せばいいかわからないまま大学生になりました。

さて、どうやって立て直したでしょう。

次回にお話しします。

そうそう、そんな私と同じように

・仕事でなかなか成果が出ない
・いつも不安、プレッシャーに押されている
・失敗した場合のリスクばかりを考えてしまう
・自信がもてない

などといった悩みがあるならこのビデオを見てみてください。

どうやら「集中脳」に秘密があるそうです。

http://bit.ly/XheX0z

2013年3月
« 2月   4月 »
 123
45678910
11121314151617
18192021222324
25262728293031