2013年 4月 7日

おはようございます。seasonです。

今まで当メルマガのSEO講座では

サイトアフィリでSEO対策にあたり

基本的な知っておくべきことを配信してきましたが、

SEO講座は次回で最後にします。

ん?寂しいですか?(笑)

でも、今後私はSEOで自分のノウハウを作って

稼げるようになり、いつか読者のみなさんにも

公開できるようにしたいと思っています♪

SEO講座は最後にするといっても、気になったことや

お勧めできる情報があれば

その都度メルマガで配信します。

その際は、

「勉強になった」とか

「面白そう~」って

1通1通そう思ってもらえるような

内容を配信したいと思いますので、

楽しみにしててくださいね☆

あと、SEOを超本格的に学ぶなら

SEOの神の伊藤虎太郎さんか

SEOの神:伊藤さんの生みの親の

石田健さんに学ぶのが最短の成功への道です!

特に伊藤さんは、SEOがプロなだけではなく、

人にSEOを教えて稼がせるのもうまい人なんです!

やる気満々だけど、ネットはもちろん、ネットビジネス

どころかビジネス自体初めてな人でも、

稼げるように持っていけるほどの指導者なんです。

やる気のある人にはとても面白いメソッドだと思います♪

また、簡単ブログ開設ツールなら、

やすネットさんのツールがお勧めです!

http://bit.ly/WGr6wE

フリーメールと無料ブログが簡単に短時間で

作れるからです☆

まだ持っていない人は、ぜひ手に入れておいてください。

やすネットさんも伊藤さんのもとで

SEOを学んだ方で、とても温厚な人柄で信頼できます!

月収も今では月100万円以上稼いでいます。

ですので、伊藤さん、石田さん、やすネットさんの

名前は、ぜひ覚えておいてくださいね☆

おはようございます。seasonです。

以前のメールで

「1度に大量のバックリンクをつけると、
ペナルティになるのでしょうか?」

というご意見をいただきました。

1度の大量バックリンクについては、

ペナルティとして判断されることはありません。

一方的にバックリンクが貼られることで

ペナルティを課せられることはありません。

バックリンクなんて通常は第3者がするものなので、

自分自身で制御できるものじゃないからです。

ペナルティを課せられるとしたら、発リンクのほうです。

自分のサイトにリンクを貼り付けるほうのことですね。

リンク先がアダルトフィルタにかかっていたり、

キーワードの連呼サイトといったペナルティを受けた

粗悪なサイトをリンクしていたりすると、

ペナルティを課せられる可能性があります。

普通の良識を持った人が、

キーワードの連呼サイトなんてリンクするでしょうか?

しないですよねぇ?

キーワードの連呼サイトをリンクしていること自体が

不自然なのです。

SEO対策は「自然な形で不自然さを演出する」

ということが大事なので、

不自然なSEO対策も、いかに自然に見せるかが大事です♪

おはようございます。seasonです。

今日は「Googleのサービス」について説明します。

よくGoogleアドセンスで収入を得たいと考える人がいます。

自作自演のSEO対策する場合、

Googleのサービスを利用するのは危険です。

Googleにはいろんなサービスがあり、

無料で提供してくれているものがありますね。

Gmail、Chromeブラウザ、Analytics、MAP、ツールバー
ブログ、アドセンス、カレンダーetc..

Googleは何のために無料で各種サービスを

提供していると思いますか?

答えは簡単です。検索結果の精度を上げるためです。

「検索結果の精度が上がれば、後から収益が付いてくる。」

これが、Googleの考え方です。

じゃぁ、AnalyticsやMAPがどのように検索結果の

精度につながっているでしょう?

この部分をじっくり考えると、自作自演のSEO対策を

施す場合、Googleのサービスに手を出すのが

怖くなるのではないでしょうか。

せっかく自らが築き上げたSEO資産を

棒に振る覚悟があれば、アドセンスするのは

可能だと思います。

「でも、私はGoogleのサービスだと
Gmailも使っているし、
Chromeも使っています。もう遅いですか?
Chromeはアンインストールすべきですか?」

こんな声も聞こえてきそうです。

でも、そういう場合は、使った後に

ログアウトしておけば特に問題ないと思います。

あのSEOの神の伊藤虎太郎さんでも、

Gmailは使用しているといいます。

でも、使った後は必ずログアウトすることを

徹底しているそうです。

Chromeもアンインストールする必要はないです。

Googleをログアウトした状態で

使用するなら問題ないと思います。

おはようございます。seasonです。

今日も「陽動行為」の続きをお話しします。

巷では陽動行為にあいにくくするため

「バックリンクをつけるときは少しずつつけなさい」

といわれていることが多いです。

「1日3~5箇所ずつつけるほうがいい」とか

人それぞれ、少しずつ数の定義は違いますが、

少しずつつけるようにと、よくいわれます。

SEO対策は、「自然な形で不自然さを演出すること」

が大事なので、ごもっともな話だと思います。

これは私の実体験談ですが、

私は自作のツールでバックリンクをつけています。

SEOアフィリしだしたころは、

1日数か所ずつバックリンクを

つけるというところまで頭が回らず、

一気に100以上つけていたこともありました。

勿論一気にたくさんバックリンクをつけると

陽動行為の影響か、なかなかサーチエンジンにすら

認識されない状況が1,2カ月続きました。

それでもめげずに作業を継続し続けると

1,2カ月後にはサーチエンジンに認識されるようになり

購入率も増えるようになりました。

少しずつつけるのもいいですが、

一気につけても、一時的に順位が下がったり

インデックスが0になったりはするものの、

作業を継続すれば、インデックス(サーチエンジンに認識)

されたときに上位順位も狙いやすくなると思います。

ただ、バックリンク先の予備は予め用意しておくほうがいいです。

供給可能なバックリンクの30~50%ぐらい用意しておくほうが無難です。

1発目のバックリンク付けで、陽動行為にあったら、

残りのバックリンク先の半分を追加でつけます。

そしてまたしばらくおいて、残りのバックリンク先を

追加でつけると、自然と順位は回復するでしょう。

そうすることで、サーチエンジン側が推測していた

「自作自演のSEO対策」ではなかったと判断してもらえ、

上位表示が狙えるはずです。

サーチエンジンのコンセプトをしっかり把握すれば、

どのような状況であっても、適切な対応が

できるようになると思います。

・サーチエンジンは、人間の意図を推測します。
・サーチエンジンは自然現象を好み、人間の意図的な行動を嫌います。
・サーチエンジンは、ユーザの利便性の高いサイトを好みます。

以上のことを念頭に置いてSEO対策すれば、
これだけでもSEO対策において、優位に立てるはずです。

頑張っていきましょう!

次回もGoogleについての説明をします!

いよいよ私もSEO講座もクライマックスに近づいています☆

楽しみにしてくださいね♪

おはようございます。seasonです。

今回はGoogleの「陽動行為」の続きをお話しします。

前回、

「大量にバックリンクをつけて
大きく順位を下げられてしまった場合
どうすればいいの?」

これについてですが、

大量に付けたバックリンクはそのままにして

おいてください。

むしろ少しずつでもバックリンクを増やし
続けるべきです。

はがすと、サイトの上位表示自体が

困難になりますから。

普通人気サイトの制作者が、たとえ

検索順位が大幅に下げられたとしても、

バックリンクを大量にはがすことって

考えられるでしょうか。

第3者がたくさんバックリンクを

つけてくれるわけだからはがすことも

しないし、できないと思いますし。

それでもサイト運営を普通に続けていると

一定期間後に順位が元に戻ります。

場合によってはもっと順位が上がります。

大体どれぐらいで元の位置に戻るかは

サイトの内容にもよりますが、

早くて1カ月後、遅くても3カ月後には

もとに戻るでしょう。

私の実体験だと

1カ月かかったサイトと
2カ月かかったサイトが1つずつありました。

ですので、陽動行為の影響で

サイトの順位が大きく下がったり

インデックスが0になっても焦らず、

「ああ、例の陽動行為か」ぐらいの感じで

バックリンクを可能な限り増やし続けましょう!

おはようございます。seasonです。

今回はGoogleの「陽動行為」についてお話します。

陽動行為は、1度に大量のサイトに

バックリンクをつけると発生します。

GoogleはSEO対策ミエミエな行動を嫌います。

一気にバックリンクをつけるとSEO目的で

バックリンクをつけているんじゃないか?

と疑います。

しかし、本当に人気サイトだからたくさん

バックリンクが増え続けている場合もあり得ます。

この判別はサーチエンジンロボットでは

できないのです。

そこで、一気に大量にバックリンクを

つけた場合、Googleが一時的に、

サイトの順位をかなり大きく下げます。

これを「Googleの陽動行為」といいます。

近年、Googleの陽動行為は

各地で散見されています。

私のタイガーアカデミー時代の

塾生でも多くの人が

「急にインデックスが消えちゃった(><)」

と日記で嘆いていたぐらいです。

この時の一番最悪な行動が、

バックリンクをはがす行為です。

この時にサイト制作者が

びっくりして、バックリンクを一度に

大量にはがすと

「やっぱりSEO狙いだったんだな」

と、サーチエンジン側の思うツボとなります。

その後はどれだけ対策を講じても

上位表示すら難しくなります。

上位表示されるとしても、

相当先の話になってしまうでしょう。

「じゃ、大量にバックリンクをつけて
大きく順位を下げられてしまった場合
どうすればいいの?」

この続きは次回にしましょう☆

2013年4月
« 3月   6月 »
1234567
891011121314
15161718192021
22232425262728
2930